Monthly Archive: 2019-February

性病予防の基本のき、コンドーム...

大切なパートナーとのスキンシップのために、そして病気から守るために性病の事前予防はきちんと考えていますか。 自分自身、性病にかかっていないかを事前に検査などを受けておくことはとても大切です。 ただ思い当たることがなかったとしても、事前予防のためにコンドームを使って性病予防をしましょう。 大切なことは途中からでなく、性器接触の前にきちんとコンドームをつけておくこと、射精の前後でも精液は出ているからです。 そして正しい装着の仕方を知っておくことです。 まず、コンドームを扱う前には手を清潔にしておきましょう。 封を破って取り出したのち、裏表を確認して、先端の空気を抜き、鬼頭の先端にぴったりと密着させてのせます。 爪が当たらないようにコンドームをゆっくりと両手の指で巻きおろして、ペニスの根元まで被せてください。 毛を巻き込んだりしていると抜けやすくなり、痛みもあります。 ゆるみが出ないように必ず勃起した状態で装着してください。 コンドームは破けやすいので歯や爪などでひっかけないようにしましょう。 男性がコンドームをつけただけではまだ不十分です。 女性の側は受け入れられる状態になっていますか。 性交渉は行為だけの問題ではありません。 女性をリラックスさせて受け入れる準備ができるよう心がけましょう。 そして大事なことは射精が終わったら、すぐに膣外からペニスを抜くことです。 射精後のペニスは急速にしぼみますので、精液が漏れることのないようにすることが大切です。 コンドームの使用は一回限りですので、次にするときはまた新しいものを使いましょう。 性病を事前予防するために正しいコンドームの使用方法、セックスの手順、対策などを知りましょう。