Category: 未分類

性病の検査キットもあるんです...

性病に感染したかもしれないと思っても、病院に行くのは恥ずかしいという人も多いのではないでしょうか。 普通の感染症と違って、性行為によってうつる病気であるためプライベートをさらけ出すようで、病院に行くのをためらってしまうという人は多いものです。 間違いなく感染をしているという場合であれば、観念して治療のために病院に行けるけれども疑いがあるという状態では気が重いという人は少なくありません。 しかし、もし性病に感染をしているのであれば悩んでいる間に病状はどんどん進行をしてしまうことになりますし、他の人にも迷惑をかけてしまう恐れがありますから放っておくわけには行きません。 そこで、病院に行かずに感染の有無を確認することができる方法として、性病検査キットがあります。 これは家にいながら性病の検査をすることができるキットであり、尿などを採取して専門の機関に変装をすることで後日検査の結果を通知してくれるというサービスになっています。 完全に匿名で利用をすることができるので、誰にも知られることなく検査をすることができ感染の可能性自体、誰にも知られたくないという人であっても安心して受けることができます。 また、人と直接会うわけではありませんから検査に対するハードルも低いものとなっているため、病院に行くのは恥ずかしいという人でも気軽に検査をすることができます。 陰性であればそれで安心をすることができますし、陽性だった場合には当たり前のことですがその時こそは病院行にって適切な治療をしてもらうようにしましょう。 治療をしないのであれば、検査を受けた意味が全くなくなってしまいますから、そのようなときには素直に病院に行くことが大事です。

性病の感染率を覚えて危機回避...

性病はSTD(Sexually TransmittAGA Diseases)とも呼ばれ、近年は性感染症とも呼ばれています。 アナルセックスやオーラルセックスを含む性行為によって感染するもので、自覚症状が出にくいものが多いことから、自覚症状がない性病患者がこれらの性行為を行うことによって感染が広がっています。 とりわけ、フェラチオによる口からの感染が増加しています。 特に日本で感染者が一番多い性病である性器クラミジア感染症では、女性では八割、男性では五割が感染症状が現れないため、知らないうちに感染し、知らないうちにパートナーに感染させてしまうというケースが多いです。 コンドームを着用していない場合は一回でのセックスの感染率はほとんど100%に近いと言われています。 性器クラミジア感染症を放っておくと、女性では不妊症や子宮外妊娠、妊婦の場合流産や早産の原因になり、男性では副睾丸炎や慢性前立腺炎、閉そく性無精子症になる可能性があります。 性器クラミジア感染症の次に多い性病である淋病も女性の場合は無症状が多い上に、感染率は100%近く、知らないうちに感染したり感染させてしまったりしている可能性があります。 淋病でも男性では無精子症、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因になります。 これらのSTDを防ぐためには不特定多数の人と性行為をしない、コンドームを着用するなどの予防法がありますが、万一かかってしまった場合は性病治療薬ですぐに治療しましょう。 クラミジアの場合はジスロマックという性病治療薬を一回内服するだけで90%が治療でき、淋病ではペニシリンなど抗生剤・抗菌剤を服用したり、性病治療薬の注射を併用したりすることで治療ができます。 疑わしい症状がある場合などは、最近では匿名で検査を受けられるところも増えているため、検査・治療を受けることが大切です。

あの、フルコナゾールが有効な菌ってなに?...

フルコナゾールは真菌を殺菌する薬です。 具体的には真菌の細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用があります。 有効な菌はカンジダ属、クリプトコッカス属の真菌です。 ですから、カンジダ属、及びクリプトコッカス属の真菌による真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎等に有効です。 また、造血幹細胞移植患者の深在性真菌症の予防にも有効です。 用量・用法は年齢、症状によって異なります。 成人はカンジダ症の場合、50~100mgを1日1回服用します。 クリプトコッカス症の場合は50~200mgを1日1回です。 造血幹細胞移植患者の深在性真菌症予防の場合は、400mgを1日1回服用します。 小児のカンジダ症の場合は3mgを1日1回服用します。 クリプトコッカス症の場合は3~6mgを1日1回です。 造血幹細胞移植患者の深在性真菌症予防の場合は、12mgを1日1回服用します。 新生児も小児と同じ用量なのですが、生後14日までの新生児の場合は72時間毎の服用、生後15日を過ぎた新生児は48時間毎の服用となります。 非常に強力な薬というわけではないので、副作用は少ない方です。 ただ、まれに腹痛や下痢、吐き気といった胃腸の症状や発疹等を引き起こす場合があります。 そして、極めてまれではありますが、重い副作用を引き起こす場合もあります。 重い副作用の可能性としてはアナフィラキシーショック、皮膚・粘膜障害、血液成分の異常、急性腎不全、意識障害、高カリウム血症、不整脈等が挙げられます。 ただ、腎臓が悪い人や高齢者は薬の排泄が遅くなる傾向にあります。 ですから、場合によっては用量を調節する必要があります。 また、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性がありますから、妊娠中の服用はできないことになっています。 この他にも真菌を治療する薬にエンペシドクリームがあります。こちらは外用薬となっていますので、服用が苦手な方はこちらを使ってみても良いでしょう。

コンジローマの原因は良性型のあれ...

コンジローマは、性器にイボができます。 また、肛門の周りにもできることがあります。 鶏のとさかのような形をしているものです。 このイボは、手術などを行って取り除く必要があり、再発がとても多い病気として知られています。 この原因というのは、良性型のヒトパピローマウィルスで、このウィルスが感染することによって起こるのです。 主には性行為で感染をするものですが、傷口から感染をすることもあります。 母子感染の可能のあるウィルスです。 また、このウィルスは、ガンの原因の可否によって、良性と悪性に分けられているのです。 コンジローマは、痛みや痒みが伴うこともありますが、自覚症状がない場合もあります。 また、尿道口にもイボができることもあります。 進行をするとイボは肥大化していき、数も増えていくのです。 コンジローマの症状に気が付いたら、すぐに病院へ行くべきです。 放置をしていても治ることは無く、悪化をすると治療も大変になります。 検査は、視察と細胞検査を行います。 感染してから症状が出るまでは時間がかかることがあります。 外科的手術は、レーザーまたは電気メスを用います。 また、液体窒素で凍らせて取り除く方法もあります。 軟膏を塗る方法も存在しています。 また、治療中に内服薬を処方することもあります。 表面に出ているイボを切除することはできるのですが、体内にウィルスが潜伏をしている場合も多くあります。 治療が終わっても、経過をみる必要があります。 避妊具によって感染完全に防ぐことは困難です。 コンジローマになっているときには、性行為は避けるべきです。 多くのコンジローマ感染者は、自分が感染していることを知らないまま、性行為を行っています。 感染をしても、なかな症状が出ないことも多いためです。

ジスロマックは正しく服用!それがこれ!...

マクロライド系抗生物質であるジスロマックは経口投与で使用できる便利な抗生物質であり、細菌や非定型菌に対する感染症の治療で広く用いられるようになっています。 ジスロマックの服用方法は特徴的であり、多くの感染症に対しては1日1回の経口投与を3日間行うというのが基本となっています。 この服用方法が有効であるのにはジスロマックの身体の中での挙動に特徴があるからです。 マクロライド系抗生物質は古くは静脈注射によって投与しなければ有効な血液中の濃度を獲得することが難しいものでした。 胃酸による分解が多かったからであり、その点をジスロマックはクリアしたマクロライド系抗生物質となっています。 また、血液中での分解も遅いことが知られていることに加えて、血液中から組織中への移行も起こりやすいということが判明しています。 これによって、分解を受けずに患部である組織に長くとどまっていてくれるという性質があるのがジスロマックです。 そのため、1日1回の投与でも十分な血液中の濃度を保つことができ、組織に多くの有効成分を残すことができます。 それが長期的に持続して殺菌効果を発揮してくれるため、たった3日間の服用で多くの感染症を治療することができるようになっています。 その有効な期間は2週間程度と言われており、3日間服用して治った感じがしなくても次第によくなってくるのが一般的です。 その持続性の高さから、もし一度飲み忘れてしまったとしても、そのときから再び1日1回の服用を行っていくことによって同じような治療効果を期待することができます。 そういった持続性の特徴から他の抗生物質とは異なる服用方法をもっているのがジスロマックであり、使用時には注意が必要です。 また、ジスロマックは通販で購入できる医薬品ですが、通販で購入する場合は医師を介す必要がない分こういった使用時の注意などはしっかりと読んでから使用しましょう。

驚く女性

クラミジアの自覚症状は少ない!...

クラミジアは比較的自覚症状が少ない性感染症とされていて、若い女性が感染していることが多いのですが、通常の場合はクラミジアに感染していても症状が出ないので、そのままパートナーなどに感染させてしまいます。 クラミジアの主な自覚症状としてはおりものの量が急に増えたり、生理でもないのに生理痛のような痛みでることなどが多いとされていて、これらの症状によってクラミジアの感染を疑う女性が少ないことが問題とされています。 このため医療機関や保健機関などでは定期的な性感染症の検査をするように啓蒙活動をしていて、半年に1度の定期的な検査によって感染の早期発見ができるとしています。 クラミジアは感染したまま放置していると子宮の内部まで細菌が侵入してしまって、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎などを引き起こすことがあります。 治療は抗生剤の服用だけのシンプルなものなので、検査を積極的に受けて、感染していたら1週間から2週間程度の薬の服用で治癒できます。 問題とされているのがパートナーの感染で、女性がクラミジアを治療したとしてもそのパートナーの男性が感染している状態の場合には、再度感染してしまうので、何度も治療を繰り返さなければならなくなります。 日本では抗生剤の投与が多いので、耐性菌もできているとされていて、抗生剤の服用で治らない割合が10%程度あるので、注意が必要です。 また感染を予防するためにはコンドームの装着が効果的なので、不特定多数のパートナーとのセックスをする場合には必ずコンドームを装着させなければなりません。 クラミジアは比較的症状が軽いのですが、エイズや梅毒に感染するリスクを高めるので、早期発見をして適切な治療をしないと危険性が高いとされています。

OKサインをする男性

男性はカンジダ症の症状が軽いって本当?...

カンジダ症は、カンジダと呼ばれる真菌に感染することによって起こる感染症のことで、身体の免疫力が低下していると繁殖力が高まって感染しやすくなります。 この感染症に対しては、フロリードDクリームなどの抗真菌剤を塗布したり、ビタミン剤などを服用するなどすれば治療することができます。 しかしカンジダが繁殖する原因を取り除かなければ、たとえフロリードDクリームなどによって症状がおさまっても、再び感染症を引き起こす可能性があるので注意が必要です。 カンジダ症は身体の様々な部位で感染する可能性がありますが、男性と女性で発症率が大きく異なるのは性器における感染です。 性器カンジダ症の場合、性器が常時体外に露出している男性は、女性と比べてカンジダが繁殖しにくい環境にあるため感染症にかかりにくく、感染しても症状が軽い場合が多いです。 なお、男性の場合は、同じ男性同士でも、包茎の人の方がこの感染症にかかりやすい傾向にあります。 一方、女性が性器カンジダ症にかかりやすく、症状が重くなりやすい理由としては、体外に露出している部分があまりないという性器の構造上の理由以外に、月経前や妊娠中、避妊薬の服用中などホルモンバランスに乱れが生じる時期がしばしばある点も理由として挙げられます。 ホルモンバランスの乱れは身体の免疫力低下の原因となり、これがカンジダの増殖を引き起こすことにつながります。 性器カンジダ症においても、フロリードDクリームなどの抗真菌薬の塗布は非常に有効です。 しかし、入浴やシャワーの際に性器をよく洗って清潔な状態に維持したり、生活習慣や食生活の見直しを行うなど、カンジダが繁殖しにくい環境をつくっていく努力も同時に必要となります。

カビ菌のイメージ

カンジダ症の症状や特徴などを理解...

カンジダ菌は真菌の一種でカビ菌に分類されます。 カンジダ菌自体は強いものではありませんが、増殖しすぎてしまうと様々な障害が起こったり、不定愁訴や病気の原因になってしまうことがあります。 特に、カンジダ菌が感染して起こるカンジダ症は、抗生剤の服用頻度が多い人や甘いものが好きで頻繁に摂取する人、食事制限によるダイエットを繰り返している人、病気によって体力や免疫力が低下している人、避妊用のピルを常用している人に起こりやすいと言われています。 カンジダ症は、性感染症と思われがちですが、生殖器だけでなく、口腔や消化器官、呼吸器系などの内臓や皮膚など、いろいろな部位に増殖しやすく傾向があります。 また、治りにくい歯周病を引き起こしたり、強い倦怠感や体のふらつき、アレルギー、消化器や泌尿器系のトラブル、喉や鼻の慢性症状、関節の不調、皮膚疾患、精神症状や倦怠感などの不定愁訴、化学物質過敏症、免疫力や視力低下などを引き起こすこともわかっています。 また、カンジダ菌は様々な形に変化するため、ホルモンのように作用することでホルモン異常を引き起こし、月経異常や子宮筋腫、不妊、子宮内膜症などを引き起こしたり、男性の前立腺肥大や炎症を引き起こす可能性もあります。 皮膚や手指、性器などにカンジダ症が起こっている場合は、フロリードDクリームなどの抗真菌薬を使用します。 フロリードDクリームは、皮膚糸状菌やカンジダ菌の増殖を阻害することで抗菌作用を示し、皮膚症状を改善します。 フロリードDクリームは、どんな症状にも使いやすいクリーム状になっており、浸透力が高く、薬がしっかりと留まるため、カンジダ症以外にも、水虫や、癜風などの治療にも使用されます。